M blog

自分の意見(生活、運動、読書、投資、美容など)

株のポジション

昨夜、グーグルとS&P連動のETFを購入。

アメリカは暫く好調と見ています。

香港株のテンセントも連日最高値。

 

現在のポジション
1.アメリカ上場銘柄
1)バークシャーハサウェー(BRK-B)
 株の神様バフェット率いる投資会社

 

2)アリババ(BABA)
 中国のITコングロマリット

 

3)ブラックロックishares 高配当ETFHDV
 米国上場の高配当銘柄75社への分散投資ETF。定期預金より利回りは全然よく、3%は確保

 

4)ishares S&P500 ETF(IVV)

米国500社へ分散投資

 

5)Alphabet(GOOGL)

誰もが知ってるグーグル

 

2.香港上場銘柄
1)平安保険(2318HK) 

2)テンセント(700HK)
Wechatは素晴らしい

 

3.日本上場銘柄
1)ハニーズホールディングス

2)ハウスオブローゼ

新しい株のポジション検討

株式相場は世界的に軟調ですが、アリババとテンセントは底堅いです。

Sell in Mayでもっと下がれば、ポジションを増やすつもりです。

アマゾン、ビザカード、フェイスブック、グーグル、スターバックスなど注意してみています。

個別で買うのが難しければ、S&P500の連動ETFバンガードの高配当ETFを買う予定。

 

相場次第。

日本の状況

中国のSNSチャット、EC、スマホ決済、タクシー配車、自転車シェア、食事デリバリー、ビデオゲームなどのIT技術を提供する企業は、日本のIT企業が全部が一つになってかかっていっても勝てないくらい既に巨大になっています。

 

LINEの2016年12月期の通期決算は、売上高は1407億円、営業利益は198億円、純利益71億円、月間ユーザー数は、主要4カ国(日本、台湾、タイ、インドネシア)で1億6700万人。

 

微信(Wechat)を運営するテンセントの2016年の決算は、売上高 約2兆4304億円(1519億元)、営業利益 約8976億円(561億元)、純利益 約6624億円(414億元)、Wechatの月間アクティブユーザー数は、8億8900万人。

 

中国政府がfacebookやLINEなど海外のIT企業を締め出して、国内企業を保護してる点はあると思いますが。

中国は人口が多く市場が大きいので売上げが半端なく大きいです。ITの分野では日本の企業が逆転するのは余程の事がない限り無理だと思います。

 

私は上海に2005年に上海に来ました。当時は日本人と言うと普通のサラリーマンでも中国の現地の人と比べれて圧倒的に裕福でした。今後BRICSが伸びて行くと言われてましたが、当時は中国がそんなに成長するのと信じていませんでした。
12年経った今では中国には日本人より資産を持った金持は多く居るし、上海では日本人の会社員より年収が高い人も多くいます。上海で街を走っている車や住んでいる家、買っているものを見ると実感します。
それでも、日本人は年収や資産の保有額で負けても、海外に行った経験や、グローバルなマナーを守る所、製造業の技術、サービス業などは未だ負けないと思っていると人が多く居ると思います。

 

今年になって上海の公共の場所(全ての飲食店やオフィスビル内)では全面禁煙になりました。
通達が出るだけで実際は誰も守らないのではかと思っていましたが、かなり守っています。
(一部の小さなバーやクラブの個室は実施されてない、また上海だけで地方ではまだ全然出来てないと思います)
また最近交通ルール違反もかなり厳しく(厳しすぎるくらい)取り締まるようになりました。
以前では考えられませんでしたが、民間の中国の製造業の工場でも5Sやルールが徹底されていてる所も多くあります。

 

今後中国も本気でマナーやサービスの改善をやっていくと、5年や10年後に気がついた時には、ITだけでなく、もっと他のサービス業などの分野においても日本は負けてるかも知れません。

 

私は日本が好きですし、何とかしないと国際競争力がなくなると、最近になってだいぶ危機感を抱くようになりました。
私が学生の頃はバブルは崩壊後でしたが、未だ日本は世界で2番目の経済大国で、日本はアジアでも他国とは格段に違い、学生で世間を知らなかった事もあり、自分が日本人というだけで意味なく優越感がありました。今は日本の状況も全然違いますし、色んな外国人と接して仕事をして、自分の日本の力の無さも分かりましたし、良さもわかりました。

 

日本が競争の中で残って行くにはどうすれば良いかと最近考えています。
海外に出てもっとどん欲に取り組まないとならないと思います。

 

株を一部売却

 一部の株を売りました。

下げに備えて、キャッシュを作るためです。

 

現在のポジション
1.アメリカ上場銘柄
1)バークシャーハサウェー(BRK-B)
 株の神様バフェット率いる投資会社

 

2)アリババ(BABA)
 中国のITコングロマリット

 

3)ブラックロックishares 高配当ETFHDV
 米国上場の高配当銘柄75社への分散投資ETF 
 定期預金より利回りは全然よく、3%は確保

 

2.香港上場銘柄
1)平安保険(2318HK)

 

2)テンセント(700HK)
Wechatは素晴らしい

 

3.日本上場銘柄
1)ハニーズホールディングス

2)ハウスオブローゼ

株式投資 現在のポジション

株式投資のスタンスは時間をかけて少しずつ、ゆっくり増やしていくことです。


2003年から始めた株は既に14年経過、振り返ると世界で色んなことが起こりました。株式投資は、世界に興味を持って調べる事と、精神力が大切。

 

現在のポジション
1.アメリカ上場銘柄
1)バークシャーハサウェー(BRK-B)
 株の神様バフェット率いる投資会社

2)アマゾン(AMZN)
 クラウド事業が好調、ECも未だ成長するでしょう。

3)スターバックス(SBUX)
 
4)アリババ(BABA)
 中国のITコングロマリット

5)JPモルガン(JPM)
 投資銀行

6)ブラックロックishares 高配当ETFHDV
 米国上場の高配当銘柄75社への分散投資ETF 
 定期預金より利回りは全然よく、3%は確保

 

2.香港上場銘柄
1)平安保険(2318HK)

2)テンセント(700HK)
Wechatは素晴らしい

 

3.日本上場銘柄
1)ハニーズホールディングス

2)ハウスオブローゼ

本 「7つの習慣」

ビジネス書ではピータードラッカーのマネジメントを基にした”もしドラ”や勝間和代氏の本がヒットしていますが、私は少し斜めに構えて自己啓発の本を読んでみようと思いました。

なぜかと言うと、売れている自己啓発本はなぜ売れてるのか、どんな方法で読者を引き付けているのかを知りたかったから。

何となく思ったのが、殆どの自己啓発本には、前向きに考えて、コミュニケーションを良く取り、問題解決の際には双方が納得出来る落とし何処を見るけましょうと言うのが基本になっていると思います。交渉の際には相手の弱みを抑えて力でねじ伏せて無理やり納得させる、会社組織は部下に罰金を科せて管理しましょうと言うようなことはありません。

結果的にこの本を読んで良かったと思います。個人的にも仕事上でも役に立てる事が見つかったと感じます。特に”理解してから理解される”は実践していきたいです。


‐内容メモ‐

主体性を発揮する。

目的を持つ。
 会社組織では組織全員でミッションステートメントを考えて実行していく。自ら考えた目的はモチベーションが上がる。

重要事項を優先する。
 個人でも会社組織の仕事でも何を優先すべきか常に考えないと時間が無くなってしまいがちだと思う。

WIN WINを考える。

理解してから理解される。
 仕事で部下に対する指導でも個人的な人との付き合いでも、なぜ自分の言っていることが理解できないんだと怒ったり、なげやりに説明しても無駄、先に相手の状況を把握して相手の考えを理解して初めて自分の考えも相手に理解してもらえる。

相乗効果を発揮する。

人間の4つの能力をバランス良く磨くこと(肉体、知性、社会・情緒、精神)

心がけたいと思うこと

これまで読んだ幾つかの本の中から、自分が心がけたいと思う事をまとめました。

人が生きていく中で大事なことは、健康、人間関係、時間、お金だと思います。


毎日のほんの些細な事に気を付けていると上記4項目の状況は良くなりますが、人間はなかなか日々の誘惑に負けて体に悪いことをしたり、ストレスに負けて酒を飲みすぎたり、ジャンクフードを食べたり、人に無愛想な態度を取ったり、 だらだら時間を過ごしたり、無駄遣いをしたりしてしまいます。

行動するときは常に自分の目標に対してプラスかマイナスか考えて、マイナスの行動を起こさないように心がけたいと思います。全て自分が作った原因からなる結果で、自業自得です。


1)健康
毎日の習慣の中で体に負担を与えていると、そのうち大きな病気になって手遅れになります。健康を害するとお金を稼げないですし、仮にお金があっても病気だと楽しくありません。年齢を増せば健康を維持するのはなかなか難しいですが、普段から食べ物や運動に注意すれば最悪な状態にはならないと思います。毎日タバコを吸ったり、お酒を飲んで依存症になり、辞められなくて病気になるのは自業自得です。誰に文句言っても苦しいのは自分です。新鮮な野菜を食べ、運動し、十分な睡眠を取る。


普段から運動をして、年をとってもしっかり動けるようなりたいです。また年齢を増しても出来るだけ若々しくいたいです。

2)人間関係
色んな人間関係がありますが、人の話を良く聴いて、自分が変わって人を理解出来るように心がけたいです。

3)時間
だらだら過ごさないようにすることです。テレビやゲームは時間の無駄になりがちです。また最近ではネットに時間を奪われるのも問題だと思います。

4)お金
お金は自分が生み出した価値の対価として得るものなので、価値を生み出せるように能力を磨く事と努力、アイデアを工夫することだと思います。

__

以前読んだ”仕事の出来る人はなぜ筋トレをするのか”に書かれていたもので、ビジネスパーソン必要な次の4つのスキル。
普段から努力して身に着けていきたいと考えています。


ITスキル
語学スキル
金融スキル
筋肉(計画を立て目標に向かって忍耐強く行動する力、筋トレがこれに似ている)


__

プライベートでもビジネスでも礼儀正しさは常に大切。 

__

 


「To Do」カテゴリの最新記事
2014年のミッションと目標設定(個人のもの)
心がけたいと思う事
2013年のミッション
今年の反省
2012年の目標 下半期
カテゴリ
To Do 重要事項保存版