M blog

自分の意見(生活、運動、読書、投資、美容など)

本 「プロフェッショナルの習慣力」

著者は学生時代は陸上選手、その後オリックスバッファローズで7年間、シアトルマリナーズで9年間トレーナーとして、プロ野球選手を見て来た方です。

【内容】
日米を通して成果を出す選手に共通する事は、ルーティンの力。

イチロー選手は、毎日同じ時間に起き、食べ、球場入り、ストレッチをする。時差がある米国で全てシアトル時間に合わせてルーチンを行う。

型にする事(仕事を手順化)で安定した成果が出せる。

ルーチン化し小さな目標を達成し続ける事が自信を産み、結果を残す。

ルーチンも型も修正が必要。

人間の脳は新たな行動を起こし一定の結果が出ると、その情報が前頭葉に集まり達成感を感じる。そして更に次の行動を生む。

筋肉は熱のもとになり、内臓脂肪は身体を冷やす原因となる。体温が低下すると身体がだるくなり、免疫力も下がる。うつ病増加にもなる。

朝陽を浴るとセルトニンが分泌され心が安定する。

緊張をほぐすには深呼吸。

【感想】
この本を読んで思ったのは、努力は毎日の小さな積み重ね。当たり前ですが、なかなか大変です。

自分の事で考えると、筋トレはルーチン化しています。
私も昨年から筋トレを始めました。初めはどのジムに行こうか、何時にジム行こうか、どんな種類のトレーニングをしようかなど 自分に合うものを見つけるまで時間はかかりました。
とにかく続けようとやってるうちに、自分のやり易い様に馴染んで来ました。
仕事でも運動でも、とにかく続けて、工夫しようとしてると自分に馴染んでくると思いました。

 

f:id:myopinion69:20170325185726j:image