読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M blog

自分の意見(生活、運動、読書、投資、美容など)

本 「7つの習慣」

ビジネス書ではピータードラッカーのマネジメントを基にした”もしドラ”や勝間和代氏の本がヒットしていますが、私は少し斜めに構えて自己啓発の本を読んでみようと思いました。

なぜかと言うと、売れている自己啓発本はなぜ売れてるのか、どんな方法で読者を引き付けているのかを知りたかったから。

何となく思ったのが、殆どの自己啓発本には、前向きに考えて、コミュニケーションを良く取り、問題解決の際には双方が納得出来る落とし何処を見るけましょうと言うのが基本になっていると思います。交渉の際には相手の弱みを抑えて力でねじ伏せて無理やり納得させる、会社組織は部下に罰金を科せて管理しましょうと言うようなことはありません。

結果的にこの本を読んで良かったと思います。個人的にも仕事上でも役に立てる事が見つかったと感じます。特に”理解してから理解される”は実践していきたいです。


‐内容メモ‐

主体性を発揮する。

目的を持つ。
 会社組織では組織全員でミッションステートメントを考えて実行していく。自ら考えた目的はモチベーションが上がる。

重要事項を優先する。
 個人でも会社組織の仕事でも何を優先すべきか常に考えないと時間が無くなってしまいがちだと思う。

WIN WINを考える。

理解してから理解される。
 仕事で部下に対する指導でも個人的な人との付き合いでも、なぜ自分の言っていることが理解できないんだと怒ったり、なげやりに説明しても無駄、先に相手の状況を把握して相手の考えを理解して初めて自分の考えも相手に理解してもらえる。

相乗効果を発揮する。

人間の4つの能力をバランス良く磨くこと(肉体、知性、社会・情緒、精神)