M Blog (Masato)

生活、運動、読書、お金など

本 東京ゴールドラッシュ

この本 本当に好きで、日本語訳も英語の原作も両方読みました。ぜひ映画化して欲しい。

 

小説 東京ゴールドラッシュ

 

日本に駐在していたアメリカ人が体験した実話を元にした小説です。

 

田舎育ちで裕福でないマルコムはアメフトの奨学金プリンストン大学を卒業し、ウォール街を目指すが就職試験に全て失敗する。以前、日本の大学とアメフト親善試合の際に東京に行った時に偶然バーであったアメリカ人トレーダーに就職の事について手紙を書いた。そのアメリカ人から日本に来てト レーダーをしないかと誘われ、直ぐに日本行を決めた。でも勤務地は東京ではなく、大阪であった。しかも誘ってくれたマルコムのボスは東京に居て、東京からホッ トラインを通じてトレードの売買指示をする。マルコムの仕事はスピーカーからの指示に従ってキーボードを叩くだけである。しかし幸運にもトレー ダーの職を得たその会社(キダー証券)の敏腕ファンドマネージャーが数カ月内に大損失を出して職を失う。

 

その後、英国系の投資銀行ベアリングス銀行の大阪事務所で再びトレーダーの職を得る。この銀行で伝説のファンドマネージャーと言われているシンガポール在住のニックリーソンから指示を受け、マルコムはキーボードを叩く。しかし阪神淡路大震災をきっかけに、ニックリーソンが10億ドルの損失を出し、会社が倒産しマルコムは再び無職になる。(ニックリーソン自身は”私がベアリングス銀行を潰した”と言う本を書いています。これもなかなかお勧めです)最終的にマルコムは大きなチャンスを自らつかむ。

この物語はマルコムが大金を動かす話ですが、他に在日の米国人として日本の文化、セックス産業、裏社会など深く知り、アメリカ人から見た日本を面白おかしく描いています。
金持ちの欧米人の日本での生活は、普通に暮らす日本人では知る事の出来ない世界があると思います。

 

この本の著者ベン・メズリック氏の作品は映画化されたもがあり、フェイスブックの創業者の物語”ザ ソーシャルネットワーク(原題:The Accidental Billionaires)”や”MITの学生がギャンブルで大勝ちする”ラスベガスをぶっ潰せ(原題:Busting Vegas)”を見たことが有り、どれも大金が動いてスリリングで面白いです。

 

この小説の和訳のタイトルは”東京ゴールドラッシュ。” 原題は”Ugly Americans : The True Story of the Ivy League Cowboys Who Raided Asia in Search of the American Dream”。

原題を訳すと”強欲な奴ら、アイビーリーグ卒の青年がアメリカンドリームを求めてアジア市場を攻撃した真実の物語”と思います。原題だと日本人には伝わりにくいですね。

f:id:myopinion69:20180712232846j:image